本と映画と政治の批評
by thessalonike2
カテゴリ
山口県母子殺害事件 (6)
偽メール事件 (20)
民主党・ ポスト小泉 (15)
野口英昭怪死事件 (22)
ライブドア事件 (10)
竹島問題・日韓関係 (7)
靖国問題・日中関係 (9)
北方領土・日露外交 (3)
改革ファシズム (14)
反小泉ブロガー同盟 (5)
女系天皇・皇室関連 (7)
創価学会・共産党 (11)
プロ野球・WBC関連 (7)
追悼ジョンレノン (6)
阿修羅像・松林図屏風 (2)
プロフィール・その他 (15)


access countベキコ
since 2004.9.1


















似非ボナパルティズム - 没落させられる者が没落させる者を熱狂支持する
e0079739_1225778.jpg今回の総選挙の結果と経過について、選挙の翌日に、それを捕捉解読するキーワードとして「革命」と「ファシズム」の二つを挙げた。あの夜、朝まで眠れず悶々としながら、直観的に思い浮かんだ言葉であり、それぞれ掘り下げて分析と検討を加える必要があるけれど、その作業を飛ばして、さらに第三のキーワードを挙げてみたい。それは「ボナパルティズム」或いは「似非ボナパルティズム」である。これは政治学の古典的な概念だが、最近はあまり流行らない。昔はボナパルティズム論をよく耳にしたが、現在はこの概念を駆使して政治を説明できる学者も減ったし、ボナパルティズムの言葉で説明しなければならない現実や現象が地上から姿を隠していた。古臭い感じがしてためらった。で、思うのだが、これから本屋でファシズム関係の本が売れるのではないだろうか。日本の思想状況の変化に敏感なアンテナを持っている神田三省堂本店の四階あたりで、そういう品揃と陳列になるのではないかと予想する。



e0079739_1251849.jpg二年ほど前に神田三省堂の四階で名著復刊のイベントがあって、そこにノイマンの『ビヒモス』が並べられていた。「あら懐かしい」と思いつつつ、価格の問題もあって素通りしてしまったが、今ならそのまま鷲掴みにしてレジカウンターに持って行きそうである。山口定とか、E.フロムとか、懐かしい顔ぶれがマスターズリーグのように書店の店頭に戻って来るのではないか。岩波の「哲学思想辞典」を開くと、ボナパルティズムの特徴を次の三点に西川長夫が整理している。①人民投票と普通選挙によって支持された「大革命の子」の強調、②産業育成の政策主張、③儀式や祭典を多用して国民統合を図る宣伝と情報操作。②の「産業育成」を「構造改革」に置き換えれば、眼前の小泉政治は上の三点にぴったり当て嵌まる。と言うより、何やら、今回の郵政民営化総選挙を仕掛けた首相側近が、このボナパルティズム論を事前に読んでいて、役者の小泉首相にこれを実践させたのではないかとすら思わされる。

e0079739_125269.jpgフランス語の一般的な言葉であったボナパルティズムを政治学の概念にしたのはマルクスで、政治学では『ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日』に従ってボナパルティズム論が講義される。そこで重要なのは、マルクスがそれを分割地農民を支柱とした独裁権力として把握していたというだった。講座派経済学は、このボナパルティズム(ナポレオン的観念)の概念を戦前の日本資本主義の分析、いわゆる天皇制ファシズムの構造分析に適用して、「似非ボナパルティズム」の概念で没落する自作農が直接に(救済者として偶像崇拝する)天皇に忠誠を誓う倒錯した構造を析出している。本来、寄生地主の権力である天皇の独裁権力が、観念倒錯によって自作農の権力のように擬制され、没落自作農が逆に天皇制を支える強力な支持基盤となるのである。ナポレオンは分割地農の土地所有を保障したが、戦前の天皇制は昭和恐慌で自作農を没落させた。眼前の「小泉改革」のボナパルティズムは「似非」だろう。

e0079739_1253716.jpg小泉政治を考察するにおいては、ファシズムの言葉だけでも十分かも知れないが、例えばマスコミと政権の「束」の現状を表現するにはファシズムだろうが、小泉首相が、没落する中産層に向かって「賛成か反対か直接問いたい」と人差し指を突き立てた途端に、自分が「改革」によって生活の権利を剥奪され、社会のパイの分け前から排除される没落者やその予備軍である事実もすっかり忘れて、社会から疎外されている自分に政治参加の機会が与えられたものと錯覚して、涎を垂らしながら嬉々として小泉首相に一票入れている大衆状況の絵を見ると、これはやはりファシズムの言葉よりも、ボナパルティズム(似非ボナパルティズム)の言葉を使った方が、よりリアルで説得的な構造分析になるのではないかと思われて仕方がないのである。そういう問題意識や政治感覚は、少なくない人間が持ち始めたのではないか。ボナパルティズム論もファシズム論に関連する。政治学者は再びファシズム論をやるべきだ。

e0079739_1238408.jpg七十年前は、この没落者たちは侵略軍の一団となって中国大陸に攻め込んで虐殺と略奪と強姦と放火を繰り返したわけだが、今度の没落者たちはどのようなアクティブになるのだろうか。生活の安定が破壊されるということは精神の安定が破壊されるということでもある。破壊された精神の再安定、バランス回復を求めて、人はたやすく狂人になる。刑法が無い世界を地上を与えてもらえれば、そこで刑法の無い「自然状態」的な生き方をすることができる。暴力と嗜虐で精神のバランス回復を果たす。ガルベストンの町で避難のバスに乗り遅れて取り残された住民に向かって、パトカーの警官が「乗り遅れたあなたが悪いから自分の責任で避難先を探せ」と言っていた。住民たちは怒っていたけれど、イラク戦争に賛成してブッシュに票を入れたのは、こういう南部とか中西部の貧しい階層が多いという話は定説になっている。米軍がファルージャの住民を虐殺するのを支持していたのはこういう貧しい人たちだったのではないのか。

e0079739_12201057.jpg

[PR]
by thessalonike2 | 2005-09-23 23:30 | 改革ファシズム (14)
<< 「無党派層」の真実 - 自民党... Index に戻る アカデミーの官僚化と脱戦後民主... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"