本と映画と政治の批評
by thessalonike2
カテゴリ
山口県母子殺害事件 (6)
偽メール事件 (20)
民主党・ ポスト小泉 (15)
野口英昭怪死事件 (22)
ライブドア事件 (10)
竹島問題・日韓関係 (7)
靖国問題・日中関係 (9)
北方領土・日露外交 (3)
改革ファシズム (14)
反小泉ブロガー同盟 (5)
女系天皇・皇室関連 (7)
創価学会・共産党 (11)
プロ野球・WBC関連 (7)
追悼ジョンレノン (6)
阿修羅像・松林図屏風 (2)
プロフィール・その他 (15)


access countベキコ
since 2004.9.1


















阿修羅像と奈良の心
e0079739_1252140.jpg阿修羅像はこれまで三度拝観した。場所が近鉄奈良駅と東大寺の間にあって便利だから、興福寺の国宝館には簡単に立ち寄ってしまう。小松左京は十回以上「会いに来ている」と言っている。阿修羅のファンは多い。私の場合も定番のコースがあって、春日ホテルの食堂に立ち寄って柿の葉ずしの入ったメニューを頂戴してから国宝館に足を運ぶ。春日ホテルから興福寺、興福寺から東大寺、大仏殿の威容の前で佇んだ後、そこから坂道を上がって二月堂に向かい、途中の茶店で甘酒を楽しむ。二月堂から大仏殿と奈良の街を遠望する。そういう周回経路にしている。いちばん最初に奈良に訪れたとき、二十年以上前だったが、当時の国宝館の印象はひどく貧相な安普請で、あの大きな仏頭をはじめ、中にゴロゴロと無造作に詰め込まれた仏像たちが可哀想だった。現在はそれなりに立派な建物に変わっている。左手に折れた右奥に阿修羅像があり、そこだけはいつも見物客が群がっている。私は日本の仏像の中で阿修羅が二番目に好きだ。



e0079739_1157157.jpg一番は中宮寺の菩薩半跏像で、二番目が阿修羅像、三番目が秋篠寺の技芸天、四番目が室生寺の十一面観音の順番となる。庭を見るなら京都の寺だが、仏に会いに行くなら奈良である。だから奈良の寺は人が少なく、年齢層も上であり、旅人は寛いで楽しめる。私の心は最近は京都よりも奈良にある。半跏思惟像はまだ実物を見たことがない。五木寛之の『百寺巡礼』の最初の方で出てきた。対面しながら「僕は物書きで、言葉にしなければいけないのだけれど、言葉を忘れてしまいますね」と言っていた。私が奈良の仏を見るようになったのは、そこへ導いてくれた人がいたからで、仏の心を持った人に出会えた人生の幸運を感謝している。朝早く東京駅を出て、日帰りで奈良の寺々を回った。隠れた山里にある室生寺とか長谷寺は、そういう秘めやかな参詣がよく似合う。高齢の者なら仲間同士とか夫婦連れがよく似合う。二十代の若者なら一人で寡黙に歩くのがよい。その中間の年齢層は秘めやかな訪れ方が似合うのである。

e0079739_11564753.jpg阿修羅像には三つの眺め方がある。最初は三面六臂の華麗で独創的な上半身の造形美に目が奪われる。 教科書に阿修羅が紹介されるときは基本的にこの絵が使われる。知識としての阿修羅の最初のイメージは三面六臂の線形構図である。ところが、その次に、少し眺めていると阿修羅の表情の素晴らしさに気がついて、この仏像の高い芸術美に心を奪われて魅了されることになる。これほど表情が内面的で素晴らしい仏像は日本に何点もないのだ。眉間に思い詰めた少年の緊張感があり、見る者はそれを当惑とも困惑とも表現する。女から見れば阿修羅は間違いなく少年だが、男には阿修羅が少女に見える。小松左京もそう言い、司馬先生はさらに明確にそう言い切っている。阿修羅が好きでたまらないのだ。表情に魅了されて阿修羅に釘付けになっていると、三番目に、下半身を含めた阿修羅の全体像の魅力にも気づかされる。阿修羅像は下半身が素晴らしく、全体のバランスが絶妙で、これを作した仏師の芸術的天才がよくわかる。

e0079739_11571213.jpgしかしながら興福寺の阿修羅には、むしろ愛がたたえられている。少女とも少年ともみえる清らかな顔に、無垢の困惑というべき神秘的な表情がうかべられている。無垢の困惑というのは、いま勝手におもいついたことばだが、多量の愛がなければ困惑はおこらない。しかしその愛は、それを容れている心の器が幼なすぎるために、慈悲にまでは昇華しない。かつそれは大きすぎる自我をもっている。このために、自我がのたうちまわっている。(中略) 阿修羅のように多量の自我をもってうまれた者は、困惑は闘争してやまず、困惑しぬかざるをえない。(中略) 阿修羅は、相変わらず蠱惑的だった。顔も体も贅肉がなく、性が未分であるための心もとなさが腰から下のはかなさにただよっている。眉のひそめかたは、自我にくるしみつつも、聖なるものを感じてしまった心のとまどいをあらわしている。(中略) これを造仏した天平の仏師には、モデルがいたに違いない。賢人の娘だったか、未通の采女だったか。 
(朝日文庫 『街道をゆく 24』 P.234-235)

e0079739_11572636.jpg小松左京も特に阿修羅の腰から下に注目して、これを少女だと見とめている。司馬先生と同じ見方だが、ウエストから下の周辺にそういう想像をかきたてるものが確かにある。手元に入江泰吉の撮った阿修羅像があり、三面六臂の上半身の大きな空間の構えを捉えつつ、純真な表情にフォーカスした見事な一枚に完成している。入江泰吉は天平の仏が好きで、その中でも阿修羅と技芸天がお気に入りだった。仏は撮る者によって表情を変える。私は仏の心を伝える者として入江泰吉が最も優れていると思う。芸術家である彼の能力のおかげで日本人は奈良の仏の素晴らしさに触れられている。中宮寺の菩薩半跏像も、その美しさを最大に引き出したのは入江泰吉の技術と感性であり、入江泰吉のおかげで中宮寺の菩薩半跏像は仏像界のカリスマになり得たと言っても過言ではない。入江泰吉その人が、まさに知的で純粋な奈良の仏様そのものの存在のように見える。奈良の人はみな思想人だった。阿修羅とは「闘争してやまぬ者、争う生存者」の意味である。

新しい国家の建設のために思想を求め、思惟し思索した奈良の人は本当に美しい。
e0079739_11573572.jpg
e0079739_12185380.jpg
e0079739_1223572.jpg

[PR]
by thessalonike2 | 2005-11-17 23:30 | 阿修羅像・松林図屏風 (2)
<< 関岡英之の暴露 - 『拒否でき... Index に戻る 紀宮の結婚披露宴 - 象徴天皇... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"