本と映画と政治の批評
by thessalonike2
カテゴリ
山口県母子殺害事件 (6)
偽メール事件 (20)
民主党・ ポスト小泉 (15)
野口英昭怪死事件 (22)
ライブドア事件 (10)
竹島問題・日韓関係 (7)
靖国問題・日中関係 (9)
北方領土・日露外交 (3)
改革ファシズム (14)
反小泉ブロガー同盟 (5)
女系天皇・皇室関連 (7)
創価学会・共産党 (11)
プロ野球・WBC関連 (7)
追悼ジョンレノン (6)
阿修羅像・松林図屏風 (2)
プロフィール・その他 (15)


access countベキコ
since 2004.9.1


















Blog Status Report since Aug 05 - KW search result
e0079739_1751254.jpg半年ぶりの報告を。最近は一時に較べてアクセスが半減している。ブックマークからブログに来訪するいわゆる固定ビジター数の変動は小さいが、ネット右翼による罵倒攻撃を目的とした揶揄リンクが減ったために全体のアクセス数が減少した。だが、これまでのアクセス累計は多少の成果をブログに齎せていて、ブログ著者の達成感の根拠となっている。それは具体的にはキーワード検索でのステイタスということになる。「ダ・ヴィンチ・コード」の単語検索では上から8番目と9番目に「世に倦む日日」が登場する。妥当な順位と思われるが、活字になったものも含めて「ダ・ヴィンチ・コード」を思想史的な視角からこれほど深く掘り下げた批評は他にないだろう。特にジェンダーの問題に焦点をあてて「ダ・ヴィンチ・コード」を本格的に論じたのは「世に倦む日日」が嚆矢であったと自認する。この作品は本当に面白かった。私にジェンダー論事始の機会を与えてくれたと言える。「性の抑圧」が実は「女性の抑圧」と等値であるという歴史的事実を初めて覚醒させられたのがこの本だった。



e0079739_1745838.jpg「ダ・ヴィンチ・コード」の面白さは美術史の知識や謎解きの推理だけではない。キリスト教史とセックスの問題について正面から迫って読者に何事かを考えさせる主題にある。なぜ魔女は魔女でなければならず魔男ではないのか。なぜ教会は無実の女たちを大量虐殺したのか。その謎は性の神秘と確実に結びついている。古代否定としての中世。西洋政治思想史の重要な問題がここにある。この検索順位は暫くは変わらないだろう。ネット検索を利用する者の動機は様々だろうが、小説を読んだ後で「世に倦む日日」の批評と対面してヨーロッパ思想史を考えていただければ幸いと心得る。ブログが学研のムックで「評論・ジャーナリズム部門」第3位のランクを得たとき、今後も日本のブログ文化の発展に貢献したいと謝意を述べたことがある。「ダ・ヴィンチ・コード」の批評はその志(こころざし)の一部をなし、検索順位はその意志の中身を客観的成果として埋めるものである。ブログは日記だが、公開するものである以上、それは文化的な作品の内実を持たなければならない。

e0079739_1744364.jpg文化的な中身という意味では、「アフターダーク」や「ブラザーフッド」の批評はもっと検索上位に位置して然るべきだが、現在のステイタスは不本意である。この二点の批評についても、出版されたものを含めて「世に倦む日日」以上のものは他に見ていない。ようやく「シルミド」は上位に達しているが、これは映画における歴史の捏造という検索者の問題関心にブログが答えた結果であろう。満足すべき結果として「特別な一日」の第4位、第5位がある。さて、昨秋から「世に倦む日日」はすっかり政治ブログに模様替えしてしまったが、その方面でのリザルトはどうか。報告すると、まず「前原誠司」の検索では第9番目と第10番目の順位結果が出る。ご本人には恐縮だが、ご容赦を願いたい。「菅直人」の検索では第12番目の結果となる。「亀井静香」は13番目、「城内実」では22番目、「不破哲三」では27番目。意外なところでは「堀江貴文」が第16番目の上位に出ている。それから問題の「女系天皇」は第6位の高位置にあり、ネット上に数多くない女系天皇容認論の筆頭に位置する。

e0079739_1742157.jpg歴史認識の問題に関連した検索結果では、「西尾幹ニ」が第10位と第11位の位置を取っている。「東京裁判」が37位、「南京事件」が34位、「朝鮮戦争」が18位、「竹島問題」が30位。「未来をひらく歴史」では第5位と第6位で、これは販売促進への貢献で著者と出版社から謝辞をもらってもいいと思うが、現在のところ何も連絡はもらっていない。「国民の歴史」は29位。「秦郁彦」では15位。ニッチだが「ユネスコ憲章」の第7位はファインプレーとして自慢できる。これを紹介した終戦記念日の記事は作品として抜群だった。「ユネスコ憲章」と「世に倦む日日」は、暫くは(数年間は)互いに互いをナビゲートする関係になるだろう。あの言葉を知っていても、それがユネスコ憲章の文言である事実を知らない者は多い。だから、その事実を繰り返し言い続けなければならない。ユネスコ憲章は憲法9条と同じく人類の宝であり、世界中の庶民が守り尊重すべき基本法である。その他のところでは、「古館伊知郎」が第12位、「田勢康弘」が第4位、「岸井成格」は第3位に出る。

e0079739_174291.jpgネット世論の掣肘として受け止めていただきたい。「後藤謙次」は第4位。私が大好きな「佐古忠彦」は14位と15位に出る。これは狙いどおり。同じく大好きな「王毅」は27位、「渡辺恒雄」と「中曽根康弘」は46位。プロ野球関連では「滝鼻卓雄」が6位、「堀内恒夫」が14位、「岩隈久志」が22位。「ハウルの動く城」は39位、「いま、会いにゆきます」が36位、「阿修羅像」は10位、「ジュンク堂書店」は9位。「STOP THE KOIZUMI」の方での結果になるが、「小泉改革」で検索をかけると13番目に出て来る。同じく「森田実」では9番目、「天木直人」が11番目と12番目に登場する。「五十嵐仁」も11番目と12番目の高い位置になる。コラボレーションというところか。検索を試していたところ意外な結果が出てきて、最後にご報告を申し上げたいが、何と「新自由主義」の検索の10番目に「とくらBlog」が顔を出す。ご本人も驚きのGood Jobだろう。新自由主義とは何かを研究し続けた努力の結果として拍手を送ってあげたい。ブログの醍醐味を見た瞬間である。ネットの神は心の善良な市民に微笑む。

キーワード検索の現場こそブログのバトルフィールドである。

e0079739_1734446.jpg

[PR]
by thessalonike2 | 2006-01-11 23:30 | プロフィール・その他 (15)
<< 日中友好と中国文化研究の拠点 ... Index に戻る 松林図屏風 - 思想家とオーラ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"