本と映画と政治の批評
by thessalonike2
カテゴリ
山口県母子殺害事件 (6)
偽メール事件 (20)
民主党・ ポスト小泉 (15)
野口英昭怪死事件 (22)
ライブドア事件 (10)
竹島問題・日韓関係 (7)
靖国問題・日中関係 (9)
北方領土・日露外交 (3)
改革ファシズム (14)
反小泉ブロガー同盟 (5)
女系天皇・皇室関連 (7)
創価学会・共産党 (11)
プロ野球・WBC関連 (7)
追悼ジョンレノン (6)
阿修羅像・松林図屏風 (2)
プロフィール・その他 (15)


access countベキコ
since 2004.9.1


















きっこのブログの責任 - 警察不信表明と沖縄県警再訪の矛盾
e0079739_15355376.jpg野口英昭の実姉との「往復書簡」がきっこのブログで公開されたのは2/8である。2/2のテレビ朝日の「解禁」から怒涛のテレビ報道が始まって、2/8の前後は世論の関心が最も盛り上がっていた時期だった。その四日後(2/12)に今度は妻が登場する「その後の往復書簡」が公開されたが、内容的には特に目新しいものはなく、我々は固唾をのんで展開を見守っていたのだが、蓋を開けてみれば事態は全く意外な方向に進展していた。妻のきっこへのメールが公開された2/12の記事では、妻は「二転三転するホテル従業員の証言や警察の発表に、今は何を信じてよいのか分かりません。今はひとりでも多くの人にこのメール読んでもらい、再捜査へのきっかけになってくれればと願うだけです」と書いていて、警察捜査に対する不信感を率直に表明し、きっことブログ読者に遺族への支援を請うような書き方をしている。少なくともこの時点では、遺族は警察よりもきっこの方を信頼しているように見える。2/8の記事では実姉は行政不服申立の実行を明言していた。



e0079739_15371364.jpg「その後の往復書簡」が掲載された2/12は日曜日である。ところが、何と妻と遺族は翌日の月曜日(2/13)から二日間の日程で沖縄県警と監察医を再訪していた。テレビでの妻の話(2/16)では、妻が警察に電話で空港監視カメラ映像の確認を要請していて、遺族の都合のつく2/13と2/14の日程で沖縄を訪問することになったのだと言う。那覇に飛んだ遺族の数は総勢七人(妻、子供二人、実姉夫婦、父母)。弁護士は同行していない。これは我々にとっては非常に意外な話である。弁護士を帯同していたのなら話は分かるが、そうではなく、遺族だけで(言わば法的に丸腰の状態で)沖縄県警に向かったということは不自然でミステリアスに感じられる。さらに沖縄を再訪して、監察医の説明を聞いて「自殺かもしれないと納得できるようになった」とか、「警察は精一杯やってくれた」などという言葉が(突然)出てきてしまうのも不可解な印象を受ける。それでは一体、妻と姉がきっこのブログ上で発言していた警察不信と司法救済の言葉は何だったのだ。

e0079739_15372931.jpg2/8にきっこが「往復書簡」を公開したとき、ネットの一部からは「往復書簡」はきっこの創作(ニセモノ)ではないかと疑う声が上がっていた。私は最初から「書簡」の姉は本物だと確信していたし、それは現在も変わらないが、事件がこのような方向に展開してしまうと、結果的に「往復書簡」の信憑性を疑う主張の説得力が増してしまうのはやむを得ない。ここで言いたいのは、きっこのブログの責任という問題である。本当にあの時期にあの内容で遺族と往復書簡をやり取りしていたのなら、きっこは遺族の沖縄県警再訪の情報を掴んでいたはずだ。遺族のメールの内容は野口英昭の名誉を守るための相談であり、ジャーナリストとしてのきっこに対する助力の懇請である。きっこは行政不服申立の提案を出し、姉はそれを制度活用する意思を表明している。それが四日間の間に背後に引っ込んで、弁護士とのコンタクトもなく、代わりに遺族だけの沖縄県警再訪となった過程においては、その間に遺族側ときっこ側との間で何らか意見齟齬があったと考えるのが自然だろう。

e0079739_15404769.jpg遺族はきっことメールをやり取りして今後の対策を相談しながら、同時に県警と連絡をとって単独で空港監視映像確認へと動いている。二つは姿勢として矛盾するが、それは遺族の中においてはあり得ることであり、我々は矛盾を責める立場にはない。だが、もし仮にきっこがその情報を相談の中で得ていたのなら、きっこは遺族だけの単独訪沖を中止させるべく説得するべきだったはずだ。沖縄訪問においては弁護士を同伴するよう強く助言するべきだった。遺族だけで(裸で)行かせるべきではなかった。その前に弁護士との相談を先行させるべきだった。きっこが遺族の権利救済に責任を持つ立場であったなら、遺族の沖縄訪問を中止させるべくブログ上で何がしかの行動をとる判断ができたのではないかと私は思う。結果的に遺族の行動は「往復書簡」とは全く逆のものとなり、ブログを見ながら遺族ときっこを応援していた読者の期待は裏切られ、正義と真実を求めていたネット市民の心は大きく挫折させられた。現在までのところ、きっこから特に弁明はない。

e0079739_15325549.jpg事件は全て終わったわけではなく、いずれきっこも本件に触れるだろうが、何も言わない現在までのところで言えば、ジャーナリズムの快挙に見えた2/8と2/12の「往復書簡」は、むしろセンセーショナリズムとスキャンダリズムの動機の所産に終わっていると言わざるを得ない。報道者の態度として無責任である。ブログへの人気集めだけを目的とした無責任な一発花火だったという評価と結論に傾かざるを得ない。きっこがジャーナリストとしての責任を全うする精神を持つのなら、読者に対して往復書簡と沖縄訪問の矛盾を埋める事の顛末を説明すべきだろう。きっこは具体的に名前を挙げて弁護士を紹介したのか。紹介したにも拘らず遺族は弁護士に接触しなかったのかどうか。きっこは遺族から沖縄行きについて相談を受けていたのかどうか。それとも、遺族は一方できっことパイプを繋げて世論を味方にしつつ、裏できっこには内緒で沖縄県警に連絡して、遺族と警察の間だけで沖縄再訪の交渉を進めていたのかどうか。この点だけでも明確にするべきだ。

そうでなければ、きっこは単にこの事件を自分のブログの宣伝のために利用したことになる。

とここまで書いて、きっこのブログを見たら、何やら素早く更新されて、この件の最新情報(「往復書簡」第三弾)が報告されていた。一読したが、しかし..(中身は妻と姉による上の「矛盾」の弁解なんだけれど)..どうも何か変だなという感じは否めない。腑に落ちない。本当に妻ときっこはメールを交換し合っているのだろうか。私はきっこを信用してはいるが、証拠を出せとは言わないが、今後は、妻は独自に自身のブログで情報を発信するべきだ(きっこはそれをレコメンドするべきだ)。それと、きっこにメールしている内容が本当に妻の本心ならば、一刻も早く弁護士にコンタクトするべきだ。テレビ局との対応は弁護士に任せるべきだ。そうでなければ、きっこのブログ上の妻とテレビの画面上で喋っている妻のギャップが大きすぎて、読者や視聴者が混乱するだけだ。姉も、そういう話(マスコミ不信)を今頃きっこにメールでするくらいなら、何で弁護士を沖縄に同行させなかったのだろう。変ではないか。
e0079739_15331124.jpg

[PR]
by thessalonike2 | 2006-02-17 23:30 | 野口英昭怪死事件 (22)
<< 遺族は勇気ある決断と行動を -... Index に戻る 那覇空港監視カメラ情報の唖然 ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"