本と映画と政治の批評
by thessalonike2
カテゴリ
山口県母子殺害事件 (6)
偽メール事件 (20)
民主党・ ポスト小泉 (15)
野口英昭怪死事件 (22)
ライブドア事件 (10)
竹島問題・日韓関係 (7)
靖国問題・日中関係 (9)
北方領土・日露外交 (3)
改革ファシズム (14)
反小泉ブロガー同盟 (5)
女系天皇・皇室関連 (7)
創価学会・共産党 (11)
プロ野球・WBC関連 (7)
追悼ジョンレノン (6)
阿修羅像・松林図屏風 (2)
プロフィール・その他 (15)


access countベキコ
since 2004.9.1


















Blog Status Report Feb 2006 - Who read blog ?
e0079739_14494345.jpg間もなく弥生三月、出会いと別れの季節である。今日は月末の週末なので(不定期ながら)恒例のブログアクセス状況について読者の皆様にご報告を申し上げよう。「西澤孝」が現時点でYahoo検察の第一位に躍り出た。今週中にはGoogle検索でも上位に登場することだろう。偽メール事件の疑惑解明についてブログが貢献できることは限られているが、それでも世論形成の一助としてこの程度の役割は受け持つことができる。最近、このYahoo検索とGoogle検索の違いについて何故なのか考えている。実は「野口英昭」でも早い時期に「世に倦む日日」を上に押し上げたのはYahoo検索の方だった。ご承知のように、アクセス解析は、ブログに単語検索を導いてきた検索エンジンの種別を統計して教えてくれる。その場合、一般にGoogleとYahooのシェアはGoogleが62%で、Yahooが15%程度のはずであり、「世に倦む日日」もこれまではその割合で推移してきた。ところが、野口英昭怪死事件を扱うようになって様子が一変し、現在ではYahooがGoogleを追い抜いてシェアが逆転しているのである。



e0079739_1450313.jpg
e0079739_1450124.jpg

e0079739_14502348.jpg弥生三月、「世に倦む日日」もいつまで続けられるか分からない。今日、特別サービスで皆様にご紹介したかったのは、ブログの読者のプロフィールである。アクセス解析結果を見ると、どういう人がブログのレギュラーのサブスクライバとなっているか、ある程度の傾向が掴める。端的に言って「世に倦む日日」へのアクセスは、国立大学と大手電機メーカーからが非常に多い。そして著者の私は、そのことに個人的にとても満足を覚えている。電機メーカーからのアクセスが、エンジニアリング部門からのものかマーケティング部門からのものかは不明だが、何れにしてもブログの掲載情報が彼等の日常業務に直接役立つものであるはずがなく、すなわち、ここでの読者とブログ情報との関係は、経済学的に言えば、生産過程の中の束の間の再生産過程的契機、俗な言葉で言えば、息抜きタイムの情報消費行動ということになる。この読者たちの日常を思い描くことはできないが、思うことは、日本経済の産業構造における労働力配置と知性の所在という問題であり、日本の電機メーカーに対する最終的な信頼感という問題である。
e0079739_14505567.jpg
上のデータは2月17日(金)のものだが、この国立大学と電機メーカーというのは、実は決して無関係な取り合わせではないのだ。繋がっているのである。知性の問題という意味で、心の問題として繋がっている。日本において真に価値を生み出すもの、日本に真の評価を与えるインテリジェンスとプロダクティビティは、プロジェクトXは、こういうところから出て来るはずだ。例えば、その表象の結節するところに尊敬する田中耕一がいる。マスコミでNHKと朝日新聞だけが入るというのもいい感じ。そうでなくっちゃ。ブログの愛読者の皆様と一緒に盛大にニューオータニでパーティとかできる日が来ればいいのだけれど。息抜きであれ暇つぶしであれ何であれ、毎日、愛読いただいてありがとう。励みになっておりますので感謝を申し上げます。
 
 
[PR]
by thessalonike2 | 2006-02-26 23:30 | プロフィール・その他 (15)
<< 民主党は嘘をついている - 「... Index に戻る 平沢勝栄の暴露 - 疑惑の記者... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"