本と映画と政治の批評
by thessalonike2
カテゴリ
山口県母子殺害事件 (6)
偽メール事件 (20)
民主党・ ポスト小泉 (15)
野口英昭怪死事件 (22)
ライブドア事件 (10)
竹島問題・日韓関係 (7)
靖国問題・日中関係 (9)
北方領土・日露外交 (3)
改革ファシズム (14)
反小泉ブロガー同盟 (5)
女系天皇・皇室関連 (7)
創価学会・共産党 (11)
プロ野球・WBC関連 (7)
追悼ジョンレノン (6)
阿修羅像・松林図屏風 (2)
プロフィール・その他 (15)


access countベキコ
since 2004.9.1


















Blog Status Report Mar 06 - Achieved access record
e0079739_12211385.jpg月末の週末なので恒例のブログ報告を。一昨日(3/24)、開設以来最高となるアクセス数を達成した。ビジター数が66,221、ページビュー値が80,735(アクセス解析データによる)。この高い数値が出た理由は、言うまでもなく衆院懲罰委員会で偽メール事件をめぐる永田寿康への質疑があり、そこで西澤孝の名前が出て、多くの人々が検索エンジンで「西澤孝」を調べて情報を得ようとしたためだ。西澤孝のキーワード検索では「世に倦む日日」は現在第3位となっている。アクセス解析を見ると、一昨日だけで西澤孝のキーワード検索から25,000件がブログに来訪していて、氏名公表の影響の大きさがアクセス数に反映された結果となった。実はタネを明かせば、これは意識して予め仕込んだものが計画どおり結果になって現れたものである。Google検索でトップに登場する記事は一ヶ月前の2/24に公開したものであり、この時点ですでにネットには本名の情報が流れていた。



e0079739_12111635.jpg正確に言えば、2/16の予算委質問の直後から、2/20の週にはすでにネットの一部に出回っていて、私も興味深くそれらをトラックしていたが、信憑性については完全な確証を得られなかった。西澤孝で間違いないと確信したのは2/23に発売された週刊新潮の記事を見た直後で、「よし行け」という感じで西澤孝の名前をタイトルに打った。だから、私の2/24の記事は「西澤孝」の検索でヒットする情報の中では最も古い部類に属する。先手必勝で機先を制したわけだ。だから、ずっと一ヶ月間検索上位にとどまり続け、とどまり続けたが故に多くの累計アクセスを稼ぎ続けてきたのである。検索で上位の位置を得るためには、早い時期に記事を上げて、他と比較して長期間アクセスを稼ぎ貯める必要がある。その意味では戦略的に計算をしなければならず、要するに事件情報全般を睨みながら、「これは来る」と判断した獲物に狙いを定め、タイミングを計って「仕込み」を入れる必要がある。

e0079739_12112665.jpgこれはある種のブログ・ジャーナリズムの技能であろう。検索頻度の多いキーワードで上位を取れば、そこから新しいビジターを得てサブスクライバのボリュームを膨らませ、ブログのブランド価値を高めることができる。サブスクライバの増大はまた、キーワード検索の競争における上位奪取の条件をブログに齎すことになる。相乗効果が働く。簡単に言えば、数日後か数週間後に世間で注目と関心を集めそうなキーワード(特に氏名)をアンテナキャッチして、機先を制して中身のある記事を纏めて上げることだ。今回の「西澤孝」プロジェクトはブログ的には大成功で、それに付随して多くの成果を上げることができた。「武部勤」は第14位、「平沢勝栄」は第15位の位置にある。「佐藤晶」は第1位。佐藤晶は4/4の証人喚問の前後でさらに多くのアクセスを得るだろう。民主党関連の検索で他を調べると、「野田佳彦」が早くも第6位に上がってきた。「馬渕澄夫」は第5位。「細野豪志」も第5位である。

e0079739_12113785.jpg代表の「前原誠司」は現在のところ第13位。これはもっと努力して上位に上げるべきだろう。4月の課題だ。末松義規は第30位。原口一博は第27位。これも課題にしよう。テレビに出て多く発言をして、目立っていただければ、ブログで取り上げる頻度も多くなる。ぜひ「世に倦む日日」の前で積極的にお話をお願いしたい。民主党がメール事件の解決を引き延ばせば引き延ばすほど、関係する民主党議員の検索上位に「世に倦む日日」が登場して、検索読者に正しく豊富な情報提供をサービスし続け、口コミならぬ網コミで情報が広がり、その結果、将来まで長期間「定番情報」として上位に残り続けることになる。言論の自由が保障された民主主義社会における市民世論の新しい形態であり、先行四権を監視する第五の権力の萌芽として厳粛に受け止めよ。テレビで嘘をつく国会議員はブログが見逃さない。すぐさま検索上位に上げて国民に紹介させてもらう。

e0079739_12114740.jpg最近のブログでは野口英昭怪死事件への論及を中断しているが、検索を見ると「野口英昭」は第1位になっている。「安晋会」は第3位。関連して「澤田秀雄」は第9位、「角田幸治」は第1位。本当ならこの二人についてアクセスが上がる展開になるべきだったはずだが、週刊誌が真面目に取材をせず、結局のところ世論の関心が低くなった。少し関連するが、きっこのブログの中で沖縄県警からアクセスが来ているというがあった。きっこが紹介しているものと同じと思われるリモホは、実はブログのアクセク解析からも検出されるし、毎日ご覧いただいている事実を確認できるが、恐らく、きっこが言っているリモホは沖縄県警のものではなく沖縄県庁のものだろう。検出されるリモホは"shisa9.pref.okinawa.jp"である。きっこが記事で紹介したリモートホストは"xxxxx9.xxxxx.okinawa.jp"で類似している。どうやら警察はリモホの足跡を残すようなヘマはしないようだ。prefというのはprefectureの省略なのだよ、きっこ。
e0079739_12275465.jpg
e0079739_1212619.jpg

[PR]
by thessalonike2 | 2006-03-26 23:30 | プロフィール・その他 (15)
<< 疑惑五人衆 - 馬渕澄夫,石関... Index に戻る 綿貫民輔の正論 - 「政治改革... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"