本と映画と政治の批評
by thessalonike2
カテゴリ
山口県母子殺害事件 (6)
偽メール事件 (20)
民主党・ ポスト小泉 (15)
野口英昭怪死事件 (22)
ライブドア事件 (10)
竹島問題・日韓関係 (7)
靖国問題・日中関係 (9)
北方領土・日露外交 (3)
改革ファシズム (14)
反小泉ブロガー同盟 (5)
女系天皇・皇室関連 (7)
創価学会・共産党 (11)
プロ野球・WBC関連 (7)
追悼ジョンレノン (6)
阿修羅像・松林図屏風 (2)
プロフィール・その他 (15)


access countベキコ
since 2004.9.1


















国際司法裁判所の竹島ジャッジメント - 六カ国協議へ差し戻し
e0079739_12502426.jpg竹島周辺の海底地名問題について、日本のマスコミは4/22の日韓事務次官交渉で韓国が6月の国際会議で名称変更提案を行わないことで合意したと報じていたが、案の定、韓国側が言っていたとおり、合意はなく、名称提案する可能性を韓国の国会で外交通商省第一次官(柳明恒)が言明した。4/22の騒動の経緯は読売の記事が詳しいが、合意を拒否して席を立って帰ろうとした柳明恒を、会談場所のホテル38階から地下駐車場まで追いかけて、何やら極秘メモを渡して会議室まで連れ戻し、決裂の格好を作らないように懇請収拾したのは日本側である。結局のところ、日本側は合意したとマスコミに発表し、韓国側は合意していない立場を崩さないという「玉虫色」でその場凌ぎをしたのだが、わずか三日であえなく破綻した。ネット右翼は日本の外務省の弱腰を非難しているが、柳明恒を地下駐車場まで追いかけるように東京から電話で緊急指示したのは安倍晋三である。「弱腰」の主は安倍晋三であり、現場で交渉を担当した谷内正太郎ではない。



e0079739_12503969.jpg本当は、韓国に妥協せず柳明恒に席を蹴らせたのが谷内正太郎なのであって、ネット右翼は谷内正太郎を褒めてやるべきなのだが、相変わらず安倍晋三に騙されてか、あるいは狡猾に立ち回る安倍晋三の政治意図を汲み取ってか、外務省攻撃を続けている。谷内正太郎は安倍晋三の腹心で、今回の交渉を終始遠隔操作していたのは東京の安倍晋三だった。安倍晋三が4/22に「玉虫色」を指示したのは三つほど理由があって、第一に米国から韓国と揉め事を起こさないように指令を受けている背景があり、第二にポスト小泉の次期首相の立場を汚したくなかったという事情がある。関連して第三に、拉致で日韓協力を演出しようとする策謀があった。日本(安倍晋三)は最初から海洋調査の断行は考えてなかったのであり、測量船の境港待機も、事務次官交渉も、単に国内世論向けの政治的ポーズだった。それがポーズであり、安倍晋三が簡単に妥協することは、どうやら韓国側に見透かされていた。だから韓国は4/25の大統領談話にすぐに繋げた。

e0079739_12504968.jpgこれによって拉致を梃子にした対北朝鮮の日韓協力という安倍晋三と麻生太郎の策謀は雲散霧消した。海域に実際に調査船を派遣していれば、そのまま拿捕されていただろう。そして現在の関心は、それでは国際司法裁判所で日韓が争う事態になった場合はどうなるかという論点に移っていて、ネットの一部でも詳細に予想が議論されている。韓国側も国際司法裁判所を意識して手を打ち始めたようだが、私の推測を言うと、恐らく判事が判決を出すのは容易ではなく、可能性としては、日本の民事裁判の事例のように、裁判所が調停に入って両国に和解を促すという方向になるのではないかと思われる。それが裁判所の判断で、仮に何らかのジャッジを示す場合でも、必ず両論併記の形にするだろう。判事の中には中国とロシアの外交官もいる。歴史を検証すれば、米国が51年の独自調査で竹島を日本所属と認めた事実が重いと思われるが、判断に際しては韓国の実効支配の期間の重さも考量される。単純な判決は下せず、15人の判事は悩むだろう。

e0079739_12505999.jpg私が客観的な立場の第三国の判事なら問題解決をどう提案するかと言うと、六カ国協議の場で議論して決めろと言うだろう。これは責任回避の態度だが、複雑な歴史が絡む難しい問題を簡単には結論は出せないし、どちらか一方に与して韓国からも日本からも嫌われたくない。六カ国協議は北東アジアの安全保障のために作られた新しいスキームであり、地域関係国でよく相談して調整を図るのが適当だという言い方は、すなわち理屈(一般論・仲裁論)として納得を得やすい。EUやアフリカ諸国のような部外者たちは「それがいい」と膝を打つだろう。日韓の揉め事に関わりたくないのだ。W杯開催地問題も苦労させられた。部外者にとって日韓紛争の解決案はシロクロ着けずに問題を棚上げする「大岡裁き」しかないのである。が、それでは六カ国協議で竹島問題をテーブルに上げればどうなるかと言うと、これは誰が見ても明らかなとおり、日本にきわめて不利である。韓国には北朝鮮と中国とロシアがつく。米国は日本寄りながら中立に立たざるを得ない。

e0079739_1251991.jpg敵が四カ国、味方がゼロ、中立が一カ国。勝負は見えていて、竹島問題を六カ国協議のテーブルに乗せても日本には何の利益も得られない。国際司法裁判所の調停や判決は、日本の右翼が期待するほどには日本にとって有利な結果にはならないだろう。W杯のときと同じ目に遭うに違いない。竹島の領有問題について、恐らく最も現実性がありそうなのは、日本が測量船を海域に出して、韓国が拿捕をして、紛争が明確になり、一触即発の軍事的緊張状態になり、日本が国際司法裁判所に提訴しようとしても韓国が応じないという場合で、この場合、日本は緊急な救済と韓国への制裁を求めて国連安保理に問題を付託する行動に出る。そのとき、国連安全保障理事国の多数は日本を支持し、韓国の国連海洋法条約違反を非難するに違いないが、しかし、周知のとおり、国連安保理の常任理事国は<米中露英仏>の五カ国である。中国は日本との間に尖閣諸島問題と東シナ海油田問題を抱え、ロシアは日本との間に北方領土問題を抱えている。中露二国は安保理の決定に拒否権を持つ。簡単に国連から日本に有利な問題解決が出るとは思えない。

特に中国は、強硬に日本の軍国主義復活を批判する論陣を張るはずで、そうなった場合、竹島問題を調停するはずの国連安保理が、一転して(旧敗戦国である)日本の軍国主義復活を審議するテーブルになりかねない。国際社会に竹島の領有権を認めさせようとする日本の外交営為が、逆に韓国の竹島領有を固定化し永続化させる方向に作用することは、十分にあり得る展開ではないかと私は考えている。日本が国際外交で竹島を奪還したいと考えるなら、日本は中国と仲良くしなくてはならない。それが必須条件だ。

e0079739_13171938.jpg
e0079739_12512174.jpg

[PR]
by thessalonike2 | 2006-04-27 23:30 | 竹島問題・日韓関係 (7)
<< 竹島と日本海の交換 - 島の領... Index に戻る 日韓平和の生命線としての村山談... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"