本と映画と政治の批評
by thessalonike2
カテゴリ
山口県母子殺害事件 (6)
偽メール事件 (20)
民主党・ ポスト小泉 (15)
野口英昭怪死事件 (22)
ライブドア事件 (10)
竹島問題・日韓関係 (7)
靖国問題・日中関係 (9)
北方領土・日露外交 (3)
改革ファシズム (14)
反小泉ブロガー同盟 (5)
女系天皇・皇室関連 (7)
創価学会・共産党 (11)
プロ野球・WBC関連 (7)
追悼ジョンレノン (6)
阿修羅像・松林図屏風 (2)
プロフィール・その他 (15)


access countベキコ
since 2004.9.1


















カテゴリ:女系天皇・皇室関連 (7)( 9 )
女系天皇雑感(7) - 皇室は単なる文化的伝統の継承者ではない
e0079739_127893.jpg女系天皇についての世論調査が朝日新聞に続いて共同通信からも発表された。数値結果は朝日新聞の調査と殆ど同じで、女系天皇容認が71%、男系天皇維持の16%を大きく上回っている。共同通信の調査は朝日新聞の調査から一週間以上経過した後でのものである。右翼が言うところの「世論における女性天皇と女系天皇の混同と無知」が事実であったのなら、この数字はもう少し変動していてもよかっただろう。朝日新聞の調査項目における質問文を見ても、女系天皇についての説明は過不足なく与えられていた。右翼の主張には根拠がない。国民は現在の天皇御一家の血統がそのまま続いて今後も皇室が繁栄することを願っているのであり、男系血統の(共同幻想の)切断よりも現在の皇室の直系継承の切断の方を危惧しているのである。六十年も昔に臣籍降下して氏素性の怪しくなった旧宮家の人間が急に皇族に復活して、右翼の政治勢力を背景に「俺のY染色体は正統遺伝子だから俺の孫を天皇に据えろ」と言い出す事態をこそ恐れているのである。

More
[PR]
by thessalonike2 | 2005-12-06 23:30 | 女系天皇・皇室関連 (7)
女系天皇雑感(6) - 古代イスラエルでも女には名前が無かった
e0079739_12164029.jpg女系天皇に反対している女です。私は宮尾さんの小説は好きですが、この「古代や中世の日本の女性に名前がなかった」というのは歴史に対する無知からくるものかと思います。古代や中世の日本の女性の名前が残っていないのは名前がなかったからではなくて、名前をあきらかにすることで「言霊」により呪いなどを受けることを恐れたからです。古代へ行く程身内や結婚を許した相手にしか名前を教えていません。それゆえ、名を聞くことがプロポーズになったわけです。万葉集の巻頭の雄略天皇の御歌 - 籠もよ み籠持ち ふくしもよ みぶくし持ち この岡に 菜摘ます子 家告らせ 名告らさね - 国母、皇后などになって系図に載せられた女性はちゃんと名前が残っています。しかし、朝鮮に行くと李氏朝鮮の時代でも女性には名前がなかったそうです。日本の女性の名前が残っていないのを朝鮮と同じような理由だと考えられては迷惑ですね。


More
[PR]
by thessalonike2 | 2005-12-05 23:30 | 女系天皇・皇室関連 (7)
女系天皇雑感(5) - Y染色体論と危険思想としての源氏物語
e0079739_14381177.jpgY染色体論のナンセンスについては、立花隆が最近の論稿で喝破したとおりで、あの累乗増殖の簡易計算の説得力に特に補足するものはない。私がY染色体論を聞いたときに感じたのはもう少し別の低俗な関心方向のもので、普通の人間なら遺伝子の連続の奇跡を確信するよりも、むしろその断絶の確率の方に納得するのではないかという事だった。ところで平沼赳夫を会長とする超党派の保守系議員でつくる「日本会議国会議員懇談会」が政府に提出した「女系天皇を容認する皇室典範改正案の次期通常国会への提出を目指す政府に慎重な対応を求める決議文」では、「男系によって継承されてきた皇位の継承方法を今直ちに変更することは慎重に検討されるべきだ。短期審議で千数百年にわたる継承方式の変更を決定することは、拙速と言わざるを得ない」と言っている。男系天皇の継承期間を千数百年と表現していて、皇紀二千六百年の皇国史観の強調高唱を遠慮している。戦後歴史学と古代史研究の常識に配慮して妥協を示しているところが面白い。

More
[PR]
by thessalonike2 | 2005-12-04 23:30 | 女系天皇・皇室関連 (7)
女系天皇雑感(4) - 万世一系の神話と水野祐の三王朝交替説
e0079739_13522333.jpg最近のネットの議論の関心は、すっかり女系天皇問題に集中しているようである。この領域がどちらかと言えば私の専門範囲に近かったため、拍子で偶然に議論の中に割り込んだ感があるが、恐らくこれからの「正論」や「諸君」は、関岡英之的なイニシアティブ改造に対する告発の問題意識と並んで、この女系天皇問題が論壇の中心を構成して行くように思われる。念のため『国民の歴史』を読み返して、西尾幹ニが万世一系をどのように処理しているか確認を試みたが、やはり思ったとおり皇国史観の核心たるその問題には触れていなかった。西尾幹ニ的な論法を予想するなら、二千六百年の時間が事実かどうか、万世一系が本当の事実かどうかが問題ではなく、科学的事実か否かの問題ではなく、それを「事実」として古代以来の日本人が信じてきたこと、すなわち物語の受容継承の観念的事実の歴史こそが重要なのだという主張になる。この主張はとりあえず議論として聞くことはできるが、最近のネットではそれを超えて、二千六百年の万世一系を事実そのものだと主張している者が多い。

More
[PR]
by thessalonike2 | 2005-12-02 23:30 | 女系天皇・皇室関連 (7)
女系天皇雑感(3) - 模範者選びとしての皇位継承と雅子妃の人権
e0079739_123558.jpgはじめまして。STOP THE KOIZUMIを知ってから、こちらのブログをいつも拝見させていただいています。紀宮様結婚式に関しての文章には涙が出ました。現在の日本の天皇家は本当に気高く、美しいと思っていましたが、自分では具体的な表現が出来ないでいました。私が思っていた事が分かりやすく書かれていて、感動しました。現在の象徴天皇制は理想的な形だと思います。美智子様の苦労とご尽力、陛下の人間性によって、思いやりあう美しい家族を作り上げ、国民の前に示して下さっている皇室ご一家の存在は、とても大切だと思います。男系・女系もこだわる必要はないと思います。ただ、幼い愛子様の将来を、今決めてしまうのはまだ早いのでは…と、愛子様のあどけない笑顔を見ると胸が痛みます。女系天皇反対の女性のブログがありました。私はハンドルネームは男名にしていますが、女です。同じ女として、この方のような考え方には全く同調出来ません…。STOP THE KOIZUMIにも参加したいと考えていますが、知識不足でまだまだ勉強中な状態です。いつか参加出来るようになりましたら宜しくお願いします。


More
[PR]
by thessalonike2 | 2005-12-01 23:30 | 女系天皇・皇室関連 (7)
女系天皇雑感(2) - 母系制原理の復活と天皇制のリニューアル
e0079739_13202180.jpg古代天皇制と母系制社会の問題について、私がこれまで聞いた中で最も印象的で説得的だったのは、黒岩重吾が藤ノ木古墳の謎を解読したときの議論だったと思うのだが、残念ながら中身をよく紹介できるほど詳細を記憶していない。が、古代天皇制において母系的契機と父系的契機の両方が同時に並存して角逐する様相を呈していた点については、研究者の一致した歴史認識と言ってよいだろう。中根千枝は双系制社会という呼び方をしている。江上波夫的な騎馬民族征服説の視角をベースとして持っている梅原猛は、大陸から列島に侵入して土着する間に天皇家の母系的性格が色濃くなったという説を唱えている。神武が熊野から大和に入る際に三輪山の主の娘を娶る逸話があるが、この婚姻の形式は入婿であり、すなわち母系制に準拠順応した支配のあり方が示された逸話であると言うのである。さらにもう一人、戦前の高群逸枝の母系制社会研究と古代天皇制の「血の合一」論も見逃せない。説得的な理論だ。

More
[PR]
by thessalonike2 | 2005-11-30 23:30 | 女系天皇・皇室関連 (7)
女系天皇をめぐる雑感 - 寄る辺なき時代に澄む男女平等原理
e0079739_13494063.jpg皇室典範改正問題には私は実のところ全く関心がなくて、特に議論するほどの問題だとも思えない。日本国憲法は男女平等を定めているのだから、天皇制のあり方も男女平等にすればよかろう。女系天皇に反対している女の言い分を見てみたいと思ったが、ネットを探した範囲では見当たらなかった。「つくる会」に参集している右翼の女たちは女系天皇に反対しているのだろうか。確かに今回の男系原理の放棄と転換の意味は決して小さくないが、六十年前の象徴天皇制への劇的転換に較べればさほど大きな問題だとは思われない。時代にあわせて変幻自在に変わって行くのが日本の天皇制であり、それをやってきたから二千年も断絶せずに生き永らえてきたのである。時代に即応して変身するのであり、男女平等の時代だから女系天皇に変わるのだ。ゾルレンの問題として人が思うべきは、むしろ長きにわたって続いてきた男系血統制の歴史的不平等の方ではないか。以下は余談と言うより雑談の類だが。

More
[PR]
by thessalonike2 | 2005-11-29 23:30 | 女系天皇・皇室関連 (7)
大君の 御歌きこえゆ 小豆粥 御法まもらむ 凍える世にも
e0079739_15591374.jpg紀宮の結婚披露宴を寿ぐ記事を書いた後で、ある方からご感想を頂戴したので転載して皆様に紹介申し上げたい。最近、堀江貴文のような匹夫の新自由主義者から皇室不要論が喧しいが、皇室を廃止すれば宮中歌会始のような雅な伝統も失われてしまう。丸山真男の精神的貴族主義ではないけれど、身は市場原理主義から疎外された下層階級に落ちぶれても、心は誇り高い日本の貴族の精神を持っていたい。後半で紹介される請願書と宮内庁の逸話も興味深く見逃せない。天皇陛下と皇后陛下の意思(象徴天皇制の一挙手一投足)だろうか。こういう逸話を紹介してもらえた幸運を喜ぶべきだろうか。わが国の君(天皇)と臣(官僚)と民(人民)の三者のよき関係が象徴的に凝縮されたエピソードであるように感じられる。司馬先生なら、何かの短編小説のあとがきで読者に紹介しただろう。紀宮がどういう人かはよく知らない。が、両陛下がこの末娘を心から愛し抜いていたことはよくわかる。

More
[PR]
by thessalonike2 | 2005-11-28 23:30 | 女系天皇・皇室関連 (7)
紀宮の結婚披露宴 - 象徴天皇制の伝統を作る両陛下の挑戦
e0079739_11172381.jpgすべてが澱んで醜く腐りきったこの国で、皇室だけが美しく誇らしく光り輝いている。政治も経済も社会も膿み病んで朽ち果てて、恥のみを惨めに世界に曝しているこの日本で、皇室だけが本来の日本の気高さを証明して見せている。天皇陛下は象徴天皇制の理念を具現化する挑戦を最後の最後までやめようとせず、その姿に私は感動させられる。昨日の結婚披露宴の映像も衝撃的で驚かされる内容だった。披露宴がごく普通の日本人のそれと全く同じ規模と形式の簡素なものだったことに驚かされ、その広くない披露宴会場のテーブルに、普通の人間と同じように両陛下が入場して着席したことも意外だった。その両陛下の表情が歓びに溢れたもので、特にカメラ正面の皇后陛下が手前の紀宮に慈愛と祝福の笑顔を送られたときの表情は、地上にこれほど美しいものがあるだろうかと思われるほどの眩しい輝きに溢れていた。日本の女は美しい。老境に美しく咲き輝く日本の女の幸福を美智子皇后がまさに象徴的に体現されている。

More
[PR]
by thessalonike2 | 2005-11-16 23:30 | 女系天皇・皇室関連 (7)
Index に戻る


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"