人気ブログランキング |
創価学会の政治 (3) - カリスマと信濃町を動かす二つの動機
e0079739_12285132.jpgあるところからメールを頂戴して、現状に異論を唱えている学会員のブログを紹介された。こういう情報提供は本当にありがたい。ブログで政治を議論する醍醐味のようなものを感じる。決して内部批判を歓迎というような下劣な意味ではなく、そうではなくて、個人の生の声で内側から真摯に学会を論じている(共産党のカッシーニのような)ものを知りたいのだ。一日五千人がアクセスする「世に倦む日日」で紹介するので、他にもあれば、ぜひ積極的な情報提供をお願いしたい。さて、カリスマはいま何を考えているのか。基本的に創価学会の組織の動機はオーナーであるカリスマ個人の動機である。カリスマが全てを意思決定している。冬柴鉄三の次の幹事長人事を決めるのもカリスマであり、自民党の国民投票法案への対応の最終決定を指示するのもカリスマである。私から見たところ、現在のカリスマの頭の中にある最大の関心事はノーベル平和賞の獲得である。息を引き取るまでに何としても受賞の栄誉に浴したい。



e0079739_12134381.jpgだから学会のあらゆるリソースをそこに注ぎ込み、組織を総動員してその夢の実現に邁進している。自民党はカリスマの最後の欲望をよく心得て、77歳の老人をうまく騙して操っているのではないか。確か二年ほど前に文科省が「日本人ノーベル賞獲得大作戦」みたいな政策を提唱したことがあった。具体的に何年で何個と獲得数の目標を設定して、積極的に日本政府が賞獲り活動を展開するという話だったと思うが、これはカリスマと信濃町に対する巧妙な政治工作だったのではないか。例えば、緒方貞子が候補に上がった場合はカリスマにチェンジするように働きかけるとか、内々の(嘘の)口約束みたいなものを囁いていたのではないかなどと想像する。そろそろ日本人の二人目の平和賞の受賞者が出てよい時期であり、委員会は何人かをリストアップしているはずで、緒方貞子以外にも、例えば小野洋子などが有力な候補者であるように思われる。カリスマがそこに割り込むためには、政府の口利きはありがたい。

e0079739_1213531.jpg果たして本当に政府の口利きが委員会に影響を及ぼせるのかは不明だが、カリスマにとっては待望の有力な援軍で、日本政府が総力を挙げて賞獲りに動いていると思えば、その実現可能性を信じることができるに違いない。カリスマが政権から離れられない理由の一つはそこにあるように私には見える。そして創価学会と公明党のイエスマンたちは、腹の底では「無理に決まっている」と確信しながら、カリスマの前では「先生、来年こそ間違いありません」などと心にもない諂言を言って、組織幹部の地位を安泰させているのではないか。カリスマはきっと欺かれているのだ。屡々見られる組織の老害現象なのである。カリスマが自民党政権と癒着していなければいけない理由がもう一つあって、それは国会証人喚問の忌避である。最近はこの動きはすっかり鳴りを潜めたが、検索エンジンを駆動させると関連記事がポロポロ出て来る。公明が新進党の一部であった十年前は、カリスマの国会証人喚問はかなりリアルなマターであった。

e0079739_12141615.jpg叩けば埃の出る体と言うか、何やら怪しげな話が次から次へと出て来る。喚問要求の疑義は具体的で、単に政教分離の一般論の審糾に止まらず、生々しい人生の躓きの問題が噴出していて、もし実際に召致されてTV中継のカメラの放列の前に身を曝されていたら、カリスマの権威失墜は目も蓋わんばかりの破滅的局面を迎えていたに違いない。指導者たる男にとって、女の問題を突きつけられる事ほど羞恥で不面目な失態はないのだ。この英雄は歴史的諺言を裏切らず、若い頃から激しく激しく色を好んだ。カリスマが企業の経営者であったなら、それは単に艶福な人生の評価で収まり得たのだろうが、カリスマが統率する組織は宗教教団であり、すなわち必然的に禁欲を説く集団であり、禁欲を説きつつ指導者が破戒を犯していた事実が暴露されれば、指導者の権威失墜は疑うべくもない。カリスマと組織幹部は証人喚問の破局を恐れ、自民党政権に対して妥協に次ぐ妥協を重ねてきた。毒の次は皿、皿の次はまた猛毒と。

e0079739_1214622.jpg私は疑っているのだが、最早ひとかけらの理念も持たない公明党の政権貴族が、料亭で接待漬けされた後に、政策妥協を組織決定すべくカリスマの最終承認をもらうとき、その殺し文句が、「これを拒否したら先生の証人喚問になりますよ」という内部脅迫ではないかと思われてならない。テロ対策特措法も、イラクへの自衛隊派遣も、郵政民営化法案も、大事な問題をスルーパスさせるときの組織内部のキラートークはこれだったのではないのか。中堅幹部以上のところで、「先生を喚問から守る」という大義名分が麻薬中毒のように組織を蝕んだのではないか。カリスマを守り組織を守るためには敢えてそれをしなければならぬという組織防衛の論理が、免疫耐性のように作用して創価学会の体質を変え、改憲にも、海外派兵にも、新自由主義にも無頓着で不感性な体制内既成組織にしてしまったのではないか。それは日本一巨大な政治組織だが、たった一人の人間が動かしている。その老いた指導者を衝き動かしている動機は明暗二つある。

明はノーベル平和賞の欲望、暗は国会証人喚問の脅迫。
e0079739_12172074.jpg

by thessalonike2 | 2005-10-31 23:30 | 創価学会・共産党 (11)
<< ジェンダーコンサーンな組閣人事... Index に戻る 創価学会の政治 (2) - 新... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"