人気ブログランキング |
可能性の芸術の姿 - 経済も外交も安保も180度転換する日本
可能性の芸術の姿 - 経済も外交も安保も180度転換する日本_e0079739_1302943.jpg共産党が名前を変える必要性など世間の常識の範疇だと思っていたのだが、世の中にはどうしてもそれを許せない偏執的な共産党主義者がいて、遂にブロガー同盟の組織にまで立ち入ってきて、党名変更を要請する議論を止めるように恫喝してきた。たかがネットで130名ほどを集めただけの市民の動きに対して、そこまで神経質になって叩き潰しに来るのかと唖然とするが、そうであれば、なおさら、こちらは共産党論を精力的に論じる必要があるだろう。仮にの話だが、共産党が社民党に党名を変更し、共産主義を放棄して社会民主主義政党に生まれ変わって、返す刀で護憲と反新自由主義の薩長同盟を創価学会に提案し、それが実現されたら日本の政治はどうなるだろう。私の予想では、まず、その一報が速報された時点で、日経平均は千円近く一気に値を下げるだろう。米資の機関投資家が驚愕して売りを入れると思われる。無論、次の日には買いが入って株価は元に戻るだろうが、このニュースはそのようにして世界に発信されるのではあるまいか。



可能性の芸術の姿 - 経済も外交も安保も180度転換する日本_e0079739_1304669.jpg共産党が社民党になるのだから、現在の社民党の人間は同じ党の党員になる。吸収合併。企業と同じ。吸収した方が吸収された方の名前を継ぐ。従来からの社民党の組織は消滅する。議員の大半は民主党に移籍するだろう。何人かは新社民党(旧共産党)の方に残るかも知れない。だが、これは全くたいした問題ではない。社と共が一つになるのは、こんな事は十年以上前に実現していてよかった話であって、何を今さらという感がする。熱心に議論するほどの問題でもなく、合同したって誰も驚かず、サプライズは何も無い。株価も下がらない。NHKの7時のニュースのトップになれるかどうか程度の問題だ。三十代以下の若者なら「ふーんそう」の一言だろう。驚天動地のビッグ・サプライズは創共協定である。公明党と共産党が同盟して選挙共闘をしたら、果たして何議席取れるのか。選挙直前に電光石火で狙いすまして同盟を発表し、自民党と民主党に合同の余裕を与えなかったとしたら、300の小選挙区で半数から三分の一は間違いなく取れるだろう。

可能性の芸術の姿 - 経済も外交も安保も180度転換する日本_e0079739_1305948.jpg危機感を感じた自民党と民主党が合同して、公共同盟(公社同盟)を阻止すべく立ちはだかっても、動きにモメンタムがつけば、これまで民主党に流れていた票の半数は公社同盟に流れる。小選挙区で少なくとも四分の一は取れるだろう。保守の自民と民主が合同し、革新である公社同盟と戦えば、これこそまさに理念型的な窮極の二大政党の選挙戦となるではないか。民主党左派の人間、例えば菅直人とか江田五月とか横路孝弘とかは、公社同盟の方に移る可能性が高い。比例区と合わせて180議席ほどの勢力になる。これであっさり憲法改正は阻止される。第一の政治目標は実現される。さらにもし、我々が唱えている左右共闘の反小泉の野党連合が実現すればどうなるか。右派の国民新党や新党日本が加わる。間違いなく野党連合は過半数を突破するだろう。反小泉連合の新政権ができる。首班は菅直人、外相は田中真紀子、官房長官は浜四津敏子、財務相は田中康夫。志位和夫は公社同盟の幹事長。とすれば党首は誰だろうか。まさかカッシーニ

可能性の芸術の姿 - 経済も外交も安保も180度転換する日本_e0079739_1311213.jpg経済政策はガラッと一変するだろう。日米安保の様相も変わる。イラク派遣自衛隊には即時帰国の命令が下る。普天間代替基地、これは建設拒否で一瞬で即決。駐沖米軍には段階的に米本土に引き上げてもらう。座間の新司令部も拒絶。横須賀の原子力空母もご遠慮いただく。閣僚の靖国参拝はなし。中韓両国とは一気に緊張緩和。天皇皇后両陛下の韓国中国訪問も実現。南京に慰霊の旅に出向いていただく。東シナ海の天然ガス田は日中で仲良く共同開発。資源エネルギー庁が厳密に測定した石油埋蔵量を発表、その日にNYの原油価格は大暴落する。経済政策の中身を埋め始めるとさらに楽しいが、ともかく日本国と日本国民にとってよいことづくめではないか。一体これで何が悪いと言うのか。共産党が社民党に党名変更して創価学会と護憲同盟を組むだけで、これほどの未来が確実に実現してしまう。可能性の芸術とはこのことだろう。私がブロガー同盟を呼びかけたときに描いた高度福祉国家の王国は、この政治によって実現されるのである。

可能性の芸術の姿 - 経済も外交も安保も180度転換する日本_e0079739_1312529.jpgマスコミも変わるし、教育現場も変わるだろう。日本人そのもののが変わると思う。地域経済は活力を取り戻し、失業者と自殺者は減り、犯罪は減って治安が回復し、子供が家庭内暴力で犠牲になることもなくなる。日本人は誇りを取り戻して前向きに生産活動を始め、所得を上げ、消費を回復させ、納税額を増やして借金を返済する。そういう日本になればよいではないか。そういう日本にすればよいではないか。そういう日本をつくるための政治を実現すればよいではないか。既成政党が現在のままでは何も政治の変革はできない。せいぜい小沢一郎が動いて民主党と新党二党を一本に纏めて終わりである。政界再編にもならない。共産党と社民党は減ってゆく護憲票を奪い合って先細りするだけだ。カッシーニは、前に社民党が潰れたら共産党の得票が増えるだろうと言っていたが、実際にはそのようにはならない。社民党に入れていた国民の政治意識が変わるのだ。護憲から改憲に転向するのである。マスコミのプロパガンダのシャワーを浴びて、少しずつ少しずつ改憲容認に転向するのである。それが政治の真実なのだ。

想像せよとジョンレノンは言った。ジョンレノンに従おう。すべては想像するところから始まる。

可能性の芸術の姿 - 経済も外交も安保も180度転換する日本_e0079739_1373425.jpg

by thessalonike2 | 2005-11-10 23:30 | 創価学会・共産党 (11)
<< 佐藤優のファシズム論 - 岩波... Index に戻る 新しい政治構図のデザインとイマ... >>


世に倦む日日
Google検索ランキング


下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます

本村洋
安田好弘
江田五月
馬渕澄夫
平沢勝栄
宮内義彦
田勢康弘
佐古忠彦
田岡俊次
末延吉正
古館伊知郎
横田滋
横田早紀江
蓮池薫
安明進
盧武鉉
金子勝
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
南原繁
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
ボナパルティズム
マルチチュード
レイシズム
レジームチェンジ
政治改革
新自由主義
B層
安晋会
護憲派
二大政党制
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
日中共同声明
中曽根書簡
鄧小平
村山談話
国民の歴史
網野史学
女系天皇
母系制
呪術の園
執拗低音
政事の構造
政治思想史
日本政治思想史研究
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
ヴェラ・ザスーリッチ
薩長同盟
故宮
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
菜の花忌
イエリネク
アフターダーク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
偽メール事件
民主主義の永久革命
ネット市民社会

"